PukiWikiにセッション管理を実装

1:0th track@mixi:2009/03/12(木) 13:56:00
月曜はあの後eAccelerator入れてみたんだけど、
キャッシュファイルがちゃんと作成されたから
「おお、CGIモードでも動くじゃん!」
と思って見てたらキャッシュ作るだけ作っといて読まないという
負荷UPにしかならない最悪の状態だった。
上げといて落とすという仕打ちを受けてすげぇ気分が沈んだ。

閑話休題。

最近ずっとPukiWikiに認証機構を組み込むコーディングをしてる。
PukiWikiには最初からBasic認証と管理者権限が付いてるけど、
PukiWiki使ってる各サイトではスパムよけのためにBasic認証使ってるのが現状。
トップページとかにユーザ名とパスワード書いておいてね。
スマートじゃないよね。
CAPTCHAも最近はユーザビリティについて色々と言われてるし。

それでセッション管理をやってみてる。Cookieとか使うの初めて。
PHPのセッション管理機能は気に入らないので使ってない。
んで、ページを移動する度にIDが変わる形であらかた出来たんだけど、
戻る連打でセッションが失われる問題が起こった。

画像の上の方が原因、下の方が考えた解決法。
とりあえずこれで何とかなるんじゃないかな。
色々と実装がめんどいけど。

<BamcompileはCGIには使えない | 3月の記事一覧 | らぁくす すーぷーりぃち>
<<前の5件 | ぜろろん雑記(開発中)TOP | 次の5件>>


コメントはまだありません。

このブログシステムはまだ開発中です。
コメントフォームが表示されていても書き込むことはできません。

ナビゲーション


曖昧3センチ そりゃぷにってコトかい? ちょっ!