test

1:ゼロロン:2005/11/02(水) 04:16
掲示板テストですよ

2:<font color=red>ゼロロン</font>:2005/11/02(水) 04:45
<a href="http://google.co.jp/">タグは使えませんよ。</a>

3:ゼロロン:2005/11/03(木) 03:21
松屋のメニュー http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/lineup.html

4:ゼロロン:2005/11/03(木) 03:22
らんぷ亭 http://www.kobelamptei.co.jp/menu.html

5:ゼロロン:2005/11/03(木) 03:24
なか卯(Javaスクリプト必須) http://www.nakau.co.jp/menu/cgi-bin/index.cgi

6:ゼロロン:2005/11/03(木) 03:27
吉野屋 http://www.yoshinoya-dc.com/brand/menu.html

7:ゼロロン:2005/11/09(水) 20:08
複数行カキコに
対応しましたよ。

8:ゼロロン:2005/11/09(水) 20:15

               l^丶            
       もさもさ   |  '゛''"'''゛ y-―,     
               ミ ´ ∀ `  ,:'     
             (丶    (丶 ミ     
          ((    ミ        ;':  ハ,_,ハ
              ;:        ミ  ';´∀`';,  
              `:;       ,:'  c  c.ミ  
               U"゛'''~"^'丶)   u''゛"J

9:ゼロロン:2005/11/09(水) 20:34
     /`i  /~ヽ
   ,,/  "''"'` "`;,        
  (ヽ;" ´ ∀ ` * ,;/)  
  `ミ         "ミ           
  ミ          ミ     ハ、_,ハ、
   彡        ミ     ;'´∀`* ';
   (⌒";',,,.,(⌒";'彡      ミc c ,;彡
    `'"'   `"''        `゛''''"
            ヽ     /     ヽ
              ヽ  /        ヽ γ⌒ヽ
               Y          Y    ヽ 

10:ゼロロン:2005/11/14(月) 06:27
母親から荷物が届いた。内容↓
森永ミルクココア
ハウスお湯で作るカップシチュー
キットカットMini
柿ピー
バナナチップ
Kasugaiおつまみ5(ファイブ)
おかずのり3袋詰
バナナ3本
みかん7個
柿4個
梨2個

母さん、ボクは元気です。

11:ゼロロン:2005/11/15(火) 09:38
ところで404をみてくれ。こいつをどう思う? http://class0.net/404

12:ゼロロン:2005/11/15(火) 11:08
5行で省略

13:ゼロロン:2005/11/15(火) 11:15
なんかこのままblog作れそうな勢いダネ・・・

14:ゼロロン:2005/11/18(金) 07:47
昨日すごかったー・・・
ウチの鯖で動いてる他の人のページが700ページビュー超えた。
リクエスト数が7000寸前だったよ。
いや、負荷としては全然たいしたこと無いんだけどね。
予想では1日に10000ページビューあっても大丈夫なはずだから。

15:ゼロロン:2005/11/28(月) 01:28 ID:EIwwcAGM
ID対応

16:ゼロロン:2005/11/28(月) 01:34 ID:EIwwcAGM
そいえばアンカーにも一応対応
>>1-1000とかはミリ

17:ゼロロン:2005/11/28(月) 01:37 ID:EIwwcAGM
一応ログは2ch互換だから2chからdat持ってきて表示とかも可能といえば可能

18:ゼロロン:2005/12/11(日) 07:30:27 ID:Bgiqh1WE
長文を貼ってみるテスツ↓

19:ゼロロン:2005/12/11(日) 07:30:52 ID:Bgiqh1WE
280 :774RR:2005/12/04(日) 18:37:45 ID:9hgV3J+c
オヤジにも昔話を語らしてくれ。
これはかなり古い話です。若いヒトたちには判りづらいとこもいろいろでますが
ご了承ください。

俺が高校時代、念願の中型免許を取って初めて行ったロングツーリングの話です。
原付時代もツーリングは何度か行った事はあったが、今回は初めてのロング。
目的地は当時はやりの清里。季節もほぼ今ごろ。
連れもやっぱり中型初心者のクラスメイト♂。

今ごろの季節になぜ信州か?と今なら考えることも出来るが、免許とりたての
高校生にはそんなことまで考えが及ばなかったんだなー。そのおかげでこの
忘れ得ぬ出会いがあった訳だが・・・。

試験休み初日、俺達は朝の6時に集合してとにかく清里をめざすことにした。
清里といってもどこか目標が有る訳でも無く、ただ当時、若者に人気があった
(何でだったんだろう?)清里に行く事が目的だった。

都内とはいえ、初冬の朝の6時はとても寒く、俺達の着ているぺらぺらの
革ジャンでは我慢が出来ないぐらいだった。
ちょうど廃品に出された古新聞紙を見つけ、体に巻き付け即席の防寒仕様にした。
俺が親父から習った戦時中の知恵を応用した。



281 :774RR:2005/12/04(日) 18:39:06 ID:9hgV3J+c
俺達二人は迷いながらも新宿をぬけ、甲州街道〜中央高速を西にひた走った。
しかし初心者の悲しい所で、まだ途中しか出来てなかった中央を降りると
とたんに二人ははぐれてしまった。今と違い携帯なんてないし、ポケベルの
出現まで、まだまだ先の我々には連絡をとり合う手段はなかった。

仕方がないので、目的地を目指して俺は20号を走り、須玉からR141で
北上していった。山あいを走るのんびりとしたツーリングコースだった。
枯れ葉が舞い落ちる片側一車線の国道をのんびりと俺は走っていった。

予定も大幅に遅れた3時過ぎに清里駅に着いた。しかし、この時期は
観光シーズンでもないここの駅は閑散としていた。駅に一人でいても仕方がない
ので、R141沿いのある喫茶店に入った。多分、ここのスレ住人ならば、
知っている人が多いと思われる音楽ジャンルの名前のついたウェスタン風の
喫茶店。



282 :774RR:2005/12/04(日) 18:45:24 ID:9hgV3J+c
階段をのぼり、二階の入り口からはいると中もウェスタン調にまとめられた
室内だった。室内には乗馬の鞍や、馬車の車輪などが飾ってあった。
やはりシーズンオフなのか客はだれもいなくかったが、奥では暖炉が燃えていた。
俺は初めて本当に使われている暖炉見て感動したので、暖炉のそばに席を取った。

メニューを見ると「げっ、高い!」、高校生にとってはとても高い値段設定
だったと記憶している。いろいろ安い物を探していると、俺と年のあまり違わない
ウェイトレスが気がつくと横に立っていた。ええと彼女のスペックは25年前の
石川ひとみ似かな。
「か・カレーをひとつ・・・あと水を」
と俺は彼女に言うと明らかに彼女の目が笑っていた。心中をよまれたかと思った。

カレーが運ばれてくる間、トイレに行こうとしてトイレに向かったが、ドアが
二つあり、どちらに入っていいか判らなかった。まごまごしていると
さっきのウェイトレスが来て笑いながら言った。「キングが男性用です」
ああ、トランプがドアに貼って有るのはそういう事かと、やっと気がついた。
もう二度も彼女に笑われて、ちょっと俺は恥ずかしい気持ちと、すこし
打ち解けた雰囲気を彼女に感じた。



283 :774RR:2005/12/04(日) 18:48:25 ID:9hgV3J+c
カレーを運んできながら、彼女はまるで友達に話すように言った。
「どこから?バイクで来たの?すごいね、もう寒いでしょ。ひとり?」
俺はその店の雰囲気に合わせようと背伸び(見栄とも言う)をして。当時愛読
していた小説風に、なんだか気取った態度で彼女に答えた。
「東京から・・。寒いのは体だけサ。連れもいるが今は一人だ」

「ふーん。その友達はどうしたの?」と彼女は聞いた。おれは、さらに気取った
態度で言った。
「奴はきっと先に着いて、おみくじを引くだろう、そうしたら・・」
彼女は俺が言い終わる前に言った。
「あー、その話知ってるー。待ち人来らずって書いて有るんでしょ。」
「・・・・あれ?。知ってるの?」
「私もその話大好き」
俺はネタもとが割れてしまって、顔から火が出るほど恥ずかしかった。

彼女はいたずらっぽく笑って言った。
「じゃあ、私たち今夜、デキちゃうんだ」
彼女は無邪気にそう言うとカウンターに戻っていった。当時俺はまだ女を知ら
なかったので、彼女のそんなセリフだけで、どぎまぎしてしまった。
カレーの味なんて判んなかったな〜。



284 :774RR:2005/12/04(日) 18:49:10 ID:9hgV3J+c
カレーを食べると、もうやる事もないが、体が冷えていたので暖炉の前で
火に当たっていた。相変わらず客はだれもいない。
彼女は水を運んで来るたびに、俺と二言三言会話を交わす。
何杯目かの水をのみ、十分に暖まってから俺は帰る準備を始めた。
彼女は食べ終わった皿を片づけながら言った。
「小説の様に死んだりしないでね。ええと・・・」
「俺はボビーだ(当たり前だが仮名)」
「ボビー君、気をつけて。」

俺は店のドアをあけて既に暮れかかった外に出た。
「あー、雪が降ってきたぁ」
雪がまさに降り始めた直後のようだ。だんだんあちらこちらが
白くなっていく、こんなコンデションでバイクに乗った事などなかったが
宿泊する金もない俺は、帰り支度を手早く始めた。
バイクに積もり始めた雪を払いながら、エンジンをかけようとすると
俺の名を呼ぶ声が聞こえる。
「ボビーくぅん!」
彼女は二階の入り口の前で、手を振って俺を呼んでいた。



320 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/07(水) 01:31:23 ID:fAuWK5CN
おおっ
みんな期待して待ってくれて嬉しいなあ。
あんまり書きためてないけど、書いた所までカキコするよ。

>>305
>ROCKなのに何故かDJのオサーン
Djって何よ?


俺が彼女に気がついたことを確認すると、彼女は階段を駆け降りて
俺の所まで走ってきた。
「ボビー君電話!電話!おみくじのお友達から」
なんで、あいつ俺のいる場所判ったんだ?って俺は思った。
奴の名前は「よしお」としておこう。

電話に出てみると、よしおは数十メートル先の喫茶店にいた。そこは
俺がいた店とは異なり、少女趣味満点な雰囲気な店ということだ。
よしおも一人でその喫茶店で俺の話をしていたら、雪が降ってきたので
俺がきっとどこか近くの喫茶店にいるだろうとその店の人が片っ端から電話を
かけてくれたらしい。

「ボビー、どこ行ってたんだよ、お前」
「お前こそ、ちゃんと付いてこいよ」
「まあ、お互い余裕がなかったってことだなw」
「ちがいないw」



321 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/07(水) 01:33:03 ID:fAuWK5CN
よしおはこっちの喫茶店に来ると言うので、おれは再度、彼女のいる
喫茶店に入った。ほどなくして、よしおは店に入ってきた。
「おお、すげえカッコいいな。この店!」
あたりをキョロキョロ見回す。相変わらず騒がしい奴だ。
「だろ。奥に暖炉も有るんだぜ。本物」
俺はなんだか自慢した口調で言った。

「もう、すっかり常連だもんね。ボビー君。うふふ」
いつの間にか水のコップを置きに来た彼女は、笑いながら言った。
俺はまた気持ちが見透かされたようで赤面した。
「あれ?知り合いなの?なんで、なんで?」とまた騒がしく聞くよしお。
俺は彼女をよしおに紹介しようかと思ったが、彼女の名前をまだ聞いてなかったので
しどろもどろになった。彼女はいたずら顔で自己紹介を始めた。
「私、礼子(これまた仮名)って言います。さっきボビー君にナンパされました。
 うふふ」
「ええ?そんなことになってるの?」

そんなふうに俺達は礼子にからかわれたが、ちょっとかわいい女の子と話すのは
悪い気はしなかった。礼子も俺達二人を見て、なんだか楽しそうだった。

よしおは前に入っていた喫茶店のオーナーと仲よくなり、今夜の二人分の宿を
貸してもらう話をつけていた。住み込みの従業員用のアパートの一室が空いて
いるので、雪に足止めを食らった俺達に、今日一日だけ格安で貸してもらえる事に
なっていた。



322 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/07(水) 01:35:13 ID:fAuWK5CN
雪が激しくなる前に、俺達は今夜のかりそめの宿に向かう事にした。礼子は
支度をする俺達を二階の入り口のところにたって見ていた。俺はこのまま礼子と
別れ難くて、そばに近づいて行って礼子に話しかけた。
「礼子さん、今日はサンキュー。俺達、○○○○のマスターの懇意で宿に
 泊めてもらえることになったんだ。礼子さん仕事終わったら俺達と遊ぼうよ」

礼子の顔に笑顔が広がった。首を軽くかしげていたずらっぽく言った。
「そうね。私ナンパされた訳だし。ふふっ・・・・終わったら宿にいくね」
「おう!待ってる」

クールな顔を保ちつつも、俺は心の中でガッツポーズをした。みしらぬ女の子を
遊びにさそうことなんて初めての経験だった。

つづく

ああ、なんだか長編になってゴメン。短く書くのむずかしいや。



332 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/08(木) 23:58:29 ID:Q8bbw6uP
つづき

俺達はマスターに提供してもらった宿についた。お世辞にも壮麗&瀟洒な宿と
言う訳には行かないが、何と言っても好意で格安で提供してもらった事を考えれば、これ以上を望むのはバチがあたるだろう。まあ男二人で泊まるには広さは十分に
あったし、風呂もついていたので凍えた体を順番にあたためることができた。

夕飯を外食する金がなかったので、俺達はコンビニらしき店に行き食パンを二斤と
イチゴジャムを買った。宿に帰り、二人でジャムを塗りたくった食パンをふたりで
平らげて、とりあえず空腹を満たした。

俺達二人は、お互いがはぐれてからの出来事をそれぞれ報告した。
後ろにいたと思っていたよしおは、いつの間にか俺を追い越して、相当早く清里に
着いていたようだった。俺のことを探してもみつからないので、乗馬を見ていたら
たまたま乗馬の練習に来ていた、喫茶店の店員と仲よくなったらしい。
よしおは人懐っこい性格なので、どこへ行っても友人をつくるのがうまい。

俺の事を報告すると、よしおは俺の行動を意外がり、そして俺を冷やかした。
どちらかと言うと、無愛想な俺が女の子をナンパしたなんて信じられなかった
んだろう。
「そんなんじゃないよ、よしお。」口ではそんなことを俺は言ったが、それは
それでちょっといい気になっていたんだろうな。



333 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/08(木) 23:59:53 ID:Q8bbw6uP
部屋のテレビでローカル放送を見ながら俺達は礼子が来るのを待っていた。
夜もだいぶ更けた頃、窓のそとから女の声が聞こえてくる。
「ボビーくーん。よしおくーん」礼子の声だ。「お土産買ってきたよ」
自転車にのって礼子はやってきた。手には差し入れの麦ジュースを入れた
ビニール袋をもって。

「自転車でさむくないの?」と俺が聞くと
「免許持ってないもん。それともオープンカーで来ると思った?」
「・・・」
小説ネタで俺はまたからかわれてしまった。

俺達3人は俺とよしおの過去のツーリング話を肴に、差し入れの麦ジュースを飲んだ。
俺もよしおも原付でのいろいろな失敗(諸兄も覚えがお有りだろう)を得意になって
礼子に話した。礼子は大いに喜び、涙を流すほど大笑いをしてくれた。

さほど麦ジュースはうまいと思わなかったが、背伸びをしてみたい当時は
さも飲み慣れた経験が有るように俺達は振る舞っていたんだろう。大した量も
飲んでないうちに、だいぶ酔いが回ってきた。

よしおは、もうだいぶツブれて、ほとんど寝かかっていた。礼子も壁によりかかり
ひざを抱えてる。テレビは放映が終わったので既に消えている。
少しの無言の時間が流れた。
「二人とも仲良しだね・・・」ぽつりと礼子は言った。
昼間見せた無邪気な様子ではなく、寂しげな表情をみせていた。
「私にもそんな友人がいれば、ここに来なくて良かったんだろうなぁ・・・」



334 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/09(金) 00:01:52 ID:Q8bbw6uP

抱えたひざに頬を乗せて、礼子は自分の事を話し始めた。なぜ、ここにバイトに
きているか。東京でなにがあったか。

「・・・だからここへ逃げてきたの。4月になったら復学するって親に
 約束して・・・でも、私まだ帰れる勇気ないんだ。弱虫だから」
俺は何にもいえず、ただ礼子の言うことを聞いていた。こんなときって何て
言えばいいんだろうって考えてた。片岡の小説にはそんな所はなかったよなぁ。
結局、気の利いた事は言えなかった。

礼子はひざを叩いて立ち上がった。
「もう暗い話はおしまい!ねえボビー君、外散歩しようよ。私、酔っちゃったから
 風に当たりたい」
礼子はまた無邪気な礼子に戻っていた。よしおはもうすっかり寝ていたので、毛布を
適当に掛けておいてやった。俺達は夜更けの外にでてきたらもう雪は止み、空は
晴れて星がすごく綺麗だった。
俺は空を見上げる礼子の横顔をみて、さっき礼子が言った事を考えていた。

「あー、もう雪止んでるね。これなら明日帰れるよ。よかったねボビー君・・・
 東京帰ったら、手紙ぐらい頂戴よ」
おれはまだ無言でいた。
「?」礼子は空を仰いでいたのを止め、俺の方を振り返った。「どうしたの?」

俺はやっとまとまった考えを礼子に言った。
「礼子さん。俺と一緒なら東京帰れないかな?4月になるまえに迎えに来るから
 そしたら一緒に帰ろうよ東京へ」

礼子は一度驚いた顔をしたあと、一度目をふせ、ゆっくりと顔を上げた。そして
声にださず、笑顔でうなずいた」
俺はこの時の礼子の姿を一生忘れないだろう。



335 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/09(金) 00:03:01 ID:Q8bbw6uP

そのあと部屋に戻った俺と礼子は、寝ているよしおの首に雪をいれてたたき起こし
外で雪合戦をした。そして三人で部屋で雑魚寝をして、朝方に礼子はまた自転車で
帰っていった。友達の証として固く握手をして俺達は別れた。
「バイバイ。ボビー君」
「バイバイ。僕のお気に入り。・・・約束忘れないよ」
礼子は耳まで紅くなった。

礼子が見えなくなってから、よしおから痛烈なケツキック。
「なんだよ、約束って。・・・あー、俺が寝てる間に何があったんだーw」


-------------------------------------------------------------------------------

天気予報が春の話題を始めるころ、おれはまた清里を目指していた。
まだまだ寒い日がつづくが、その日は晴天のおかげか、日中はぽかぽか暖かい
気がしたのは気のせいだろうか?

R141から店のまえの駐車スペースにバイクを入れ、エンジンをとめた。
今度は予定よりも早く着いた。まあ二度目だからね。
すぐに喫茶店のドアがいきおい良く開き、礼子が満面の笑みででてきた。
俺が先週送っておいたヘルメットを抱えて。



336 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/09(金) 00:05:02 ID:HFeY/2fM

とまあ、こんな事があったオヤジの昔話でした。若造だった俺の心象が伝わった
でしょうか?
かれこれ3年ぐらい前に、車で清里を通った事がある。>292が言うように
遺跡化してる感じだったな。
いまでは当時と名前だけが同じで、店構えが全然ちがったあの喫茶店があった。
思い出がよぎり、胸がちょっといたんだ。郷愁かな。
・・・



車の後部座席から中学生の娘が俺に聞いた。
「ねえ、ここがお父さんとお母さんが出会った場所?」
隣で嫁が答える。
「そうよ。私はここで言われたの、僕のお気に入りって。うふふ」
「・・・・」俺は今でもやっぱり礼子にはかなわない。





372 :ROCK ◆DJhJYRlWjE :2005/12/10(土) 00:56:32 ID:N2ouOoXR
おおー。みんなにGJって言われてすごく嬉しい。俺の方が感動した。
オヤジを泣かせるなよw。

この話を楽しむためには片岡義男の「ボビーに首ったけ」の文庫を読んでくれると
いろいろと笑える箇所があるんだ。お勧めなので読んでくれ。
といっても俺は角川の社員じゃないよ。

おまいらもきっといい話持っているだろうから投下頼む。
これを最後にROMに戻る

もう一つエピローグが有る。
俺の娘もライダーになった。実はそれがきっかけでこの昔話を
書く気になったんだ。
若いライダー達がツーリングに素晴らしい出会いがあることを切に願う。

サバラ!




旅先で出会った、忘れえぬ人たち(14)
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/bike/1131028602/

20:エロロン:2006/02/08(水) 21:39:31 ID:/thd2Fng
てすとですお

21:ゼロロン:2006/03/05(日) 22:54:16 ID:FQTeZ49c
牛の力 http://www.gyunochikara.jp/

22:ゼロロン:2006/08/11(金) 18:24:15 ID:YVH.L4Hs
うんこでおなじみの倉吉舎 http://www.kurayoshiya.jp/

23:ゼロロン◆.CzKQna1OU:2006/09/24(日) 06:00:28 ID:T4Zi/msI
13日にトリップ対応

24:ゼロロン:2006/09/27(水) 07:42:23 ID:66FqM.Go
キックボードでジェットエンジンな雅屋 http://masa-ya.jp/

25:ゼロロン:2007/09/27(木) 22:02:55 ID:Y4vEUv.Y
レジ打ちファイトまんが http://nyagoru.web.fc2.com/rezi01.html

26:ゼロロン:2007/09/27(木) 22:05:55 ID:Y4vEUv.Y
なりたさんの雑記まだ続いてたんだな・・・ http://www2s.biglobe.ne.jp/~k_wata/zaki.htm

27:ゼロロン:2007/10/01(月) 01:55:00 ID:Rm./1FYY
京ぽん2用アプリ http://hp.vector.co.jp/authors/VA037875/

28:ゼロロン:2007/10/01(月) 02:12:49 ID:Rm./1FYY
京ぽん2用アプリ作成Tips http://www10.plala.or.jp/nig/ajipon/wx/k2flashtips.html

29:ゼロロン:2007/10/05(金) 00:56:39 ID:XUPB2HCM
スレ統合

30:ゼロロン:2007/10/08(月) 09:04:26 ID:6iMXXqAQ
パブリックドメインのクラシックが無料で聞ける http://www.yung.jp/

31:ゼロロン:2007/10/08(月) 09:50:09 ID:6iMXXqAQ
Jazzのパブリックドメイン http://jazz-on-line.com/

32:ゼロロン:2007/10/08(月) 10:00:37 ID:6iMXXqAQ
著作権フリーの曲 http://patina-di-musica.com/

33:ゼロロン:2007/10/08(月) 10:14:46 ID:6iMXXqAQ
パブリックドメインの写真 http://public-domain-photos.com/

34:ゼロロン:2007/10/10(水) 13:48:46 ID:0StNjCjA
ハルヒの11話でコンピ研とやってたゲーム http://dousimahp.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/ykwk212/wiki.cgi

35:ゼロロン:2007/10/28(日) 11:31:12 ID:HHnI2jCg
Googleのアクセス解析 http://www.google.co.jp/analytics/ja-JP/

36:ゼロロン:2007/10/28(日) 11:33:23 ID:HHnI2jCg
Windows最強VNCらしい http://ultravnc.kp774.com/

37:ゼロロン:2007/10/28(日) 11:41:25 ID:E.4ftoag
flv鯖 http://osflash.org/red5/

38:ゼロロン:2007/12/17(月) 13:24:02 ID:MM6z8v9w
http://www.sitemaps.org/ja/ サイトマッププロトコル

39:ゼロロン:2008/03/02(日) 00:42:39 ID:4OkfeZLs
指定したURLのWEBページをPDFに変換してくれるサイト
http://capture.heartrails.com/
http://www.html2pdf.biz/

40:ゼロロン:2008/05/31(土) 08:20:18 ID:4B7WP7bY
e-wordsの解説が埋め込めるらしい http://e-words.jp/p/s-embed.html

41:ゼロロン:2008/07/02(水) 05:38:10 ID:L.P9wDQU
WindowsMobileでニコニコ
http://icchu.seesaa.net/category/5293070-1.html
今後に期待

TCPMPでVP6のflvが再生できるプラグイン
http://d.hatena.ne.jp/nvsofts/20080621/1214052799

42:ゼロロン:2008/07/08(火) 09:02:35 ID:PLeCwQ5s
textareaで強調表示するJavaScript
http://codepress.org/index.php
すげぇ!これをサーバに入れとけばスマートフォンでCGI組んでその場で確認とかできるんじゃね!?

43:ゼロロン:2008/09/29(月) 22:51:13 ID:GB1Rwzls
Google Wireless Transcoder
http://www.google.co.jp/gwt/n
入力したURLのページを携帯用に変換。
なんかh1がh2に変換されるのにh2はh2のままだからおかしくなるなぁ。
もうちょっと改良されればよさげ。

44:ゼロロン:2009/04/06(月) 10:50:58 ID:BPifKN06
codepressがドメイン捨ててた。
http://codepress.sourceforge.net/

45:ゼロロン:2009/07/11(土) 10:48:57 ID:jOG1g/xk
Shift_JIS以外で書き込めなくした。
でも文字コードがかぶってる範囲内で書かれたら対処できない。

46:ゼロロン:2009/09/29(火) 15:22:40 ID:5jUfSJs2
C++のよさげな日本語リファレンス
http://www.cppll.jp/cppreference/

デザインパターンとかも含めてC++色々
http://www.geocities.jp/ky_webid/

47:ゼロロン:2009/10/05(月) 14:48:16 ID:k/DlzQjU
RSS52mixi
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/net/se476010.html

RSSから日記作ってmixiに投稿できる。これでかつる。

48:ゼロロン:2009/10/05(月) 15:10:20 ID:k/DlzQjU
よさげなRSSチェッカー
レベル高い
http://am13.net/index.php?cococ

49:ゼロロン:2010/05/02(日) 04:17:42 ID:BncrW9QU
日本語が含まれない書き込みでも、改行が入ってると書き込めてしまうバグを修正。


元のページに戻る 全部読む 最新50件
名前: E-mail:
おっと、おねんねするにはまだ早いぜ
お楽しみはこれからだ!