そんなお話。

1:0th track@mixi:2008/01/18(金) 19:33:00
「ねえ、そこのキミ・・・」

ある日、少年は一人の女性に声をかけられた。
綺麗な黒髪は背中まであり、すらっとしていて
赤いロングコートが良く似合っていた。
風邪でも引いているのか、口には大きなマスクをしていた。

「私、綺麗?」

その声は、不思議な響きを持った今までに聞いたことのないような、
けれどもどこか魅力的な声だった。
少年は、不思議に思いながらも思ったままに答えた。

「綺麗だと思うよ。」

「そう・・・」

彼女はそう答えると、何ともつかない喜びとはほど遠い表情をした。
少年はハッとした。
口に大きなマスクをした女。「私、綺麗?」と問い掛ける女。
聞いたことがあった。その物語の結末を知っていた。
背中に冷たいものが走った。

「これでも・・・?」

そう言うと、

(ドクンッ!)

その女は、

(ドクンッ!)

コートの前をはだけさせた。
そこには猛々しく(パオーン!!)した(主砲)が(一斉射撃用意!!)していた。

少年は警察に通報しましたとさ。
めでたしめでたし。

<本人を前にしては絶対に言えない | 1月の記事一覧 | YP=ゆとりパワー or ゆとりポイント>
<<前の5件 | ぜろろん雑記(開発中)TOP | 次の5件>>


コメントはまだありません。

このブログシステムはまだ開発中です。
コメントフォームが表示されていても書き込むことはできません。

ナビゲーション


I can fly! You can fly! We can fly!
MOTTO! MOTTO!