思い出が見つからない

1:0th track@mixi:2008/08/29(金) 06:25:00
某日記を見て、あの時も大雨だったなぁと思い当時の記録を探し始めた。

原付ながらフルサイズのロードスポーツ“NS-1”が
納車されてまだひと月ほどの2002年9月、
わたしは初めての自分のバイクに喜びを隠し切れずそわそわしていた。
そして3連休を前にした金曜深夜、思い立って東京-大阪間を往復する旅に出た。
当時の心境としては旅と言うよりも冒険と言った方が正しいかもしれない。

その時の記録はたしかにあった。
しかし、記憶にあるものと比べて随分簡素なものだった。
わたしの記憶が間違っていたのか?
6年の歳月によって美化されてしまったのだろうか。
わからない。
当時雨の中書き留めたノートも既に手元に残ってはいない。

では2003年の秋に実家の鳥取に帰ったときの記録は?
こちらに至っては、いつ帰りいつ戻ったのかさえも分からない。
記録となるものが何一つ残っていない。
「今度は違った道を」と長野経由の道筋を辿ったはずだが・・・。
秋だというのに深夜の凍えるような寒さと
閉店時間をとうに過ぎた山中のガソリンスタンド達に泣かされたのを覚えている。
2日目の朝、京都のガソリンスタンドで工具を借りて
チェーンの調整をしたような気がするが・・・それは本当にこの時だっただろうか。
やはり記憶は曖昧だ。
どこかに記録を残してはいないだろうか・・・。

<お針子仕事疲れた | 8月の記事一覧 | 21歳だけど何か質問ある?>
<<前の5件 | ぜろろん雑記(開発中)TOP | 次の5件>>


コメントはまだありません。

このブログシステムはまだ開発中です。
コメントフォームが表示されていても書き込むことはできません。

ナビゲーション


この世に悪があるとすれば、それは人の心だ