わたしの大好きなセンターアップマフラーは何処へ行ってしまったの?

1:0th track@mixi:2008/09/10(水) 16:08:00
後遺症の残るようなあれだけの大事故やっといて
あんたも懲りないねって感じですが。

去年の夏に出力の自主規制が撤廃されたのを受けてか、
今年の6月にCBR1000RRのニューモデルが出たわけですが・・・
ていうか、自主規制撤廃ってHONDA以外あんまり関係ないよね。
他の3メーカーはレプは海外でしか出してないし。(だよね?)
まーそれでも118psと輸出仕様車とはまだまだ差があり、
撤廃ったってそりゃそうだよねってトコでしょうか。

んで、掲題の通りなんですよ。
ショートマフラーになってて悲しい限り。
あと顔がなんかぬるっとしてポ○モンみたいになってるし、
ミラーにウィンカーランプ付いてるし。
CBR1000RRがひと段落して次はCBR600RRに手をつけてるのかなーとか、
それで同じ道辿っちゃったら新車からの選択肢が
YZF-R1しか無くなっちゃうなーとか思ったり。
最近あのカマキリフェイスが愛しく見えてきた。
ていうか普通に考えてRC212Vがセンターアップじゃなくなったんだから
CBR600RRもそうなるよネー。

YZF-R1の装備重量が不明瞭だったからGoogle先生に聞いてみた。
CBR600RR 187kg
YZF-R6 188kg
CBR1000RR 201kg
YZF-R1 214kg
実は意外に重かったYAMAHA勢。
乾燥重量はアテにならんね。

<きょうの ○んこ | 9月の記事一覧 | えらい目にあった>
<<前の5件 | ぜろろん雑記(開発中)TOP | 次の5件>>


コメントはまだありません。

このブログシステムはまだ開発中です。
コメントフォームが表示されていても書き込むことはできません。

ナビゲーション


マロン・かがやくモンテール